精力剤・勃起薬(男性用)気になる効果・商品比較など

精力剤・サプリ・ED治療薬を使用した口コミや効果を紹介

*

鬱とED併発!治療の優先順位を明確にして対処する!

   

鬱病かつEDの時、どのように治療していけば良いのでしょうか?

僕は経験済です。大変な20代前半を過ごしていたので、、、

 

もう答えから言ってしまいますが、診療内科に通って薬を処方してもらうくらいの鬱病の時はEDの治療は諦めた方が良いです。

勃起しないことに自己嫌悪になって、さらに心理的な負担を高めてしまうことは絶対に避けたいからです。

 

鬱病で心療内科で薬を処方してもらっている場合、鬱の治療に使う薬の中には性欲減退につながるような薬もあります。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が最も代表的ですね。PDE5 阻害薬なら大丈夫かもという意見もあったりしますが、果たしてどうでしょうか。

 

鬱病とEDを同時に治そうとするのではなく、鬱病を治す⇒EDを治すという順番を明確に意識するべきだと思います。

考えてみれば鬱なのにギンギン勃起はするっておかしいじゃないですか?無理せずにまずは鬱を治すことに全力を注ぎましょう。(無理はしないでくださいね!)

 

 

一方で完璧な鬱症状ではなく、鬱気味でEDで彼女ありとかだとより真剣にEDに対して悩むかと思います。

軽い睡眠障害と活力低下と、いつもより笑わなくなるといった症状が軽度の鬱では出てきますよね。

 

この場合、社会生活は何とかなっていて鬱の治療薬を処方されていないのであれば、ED治療薬を処方してもらって使うことで勃起出来る可能性は普通にあります。

あまりにストレスが強すぎるとダメな時もありますが、彼女に心配をかけたくないという時には鬱の治療薬よりED治療薬を優先するという”男の判断”は僕はアリだと思います。

 

本当は鬱の治療を積極的に行った方が良いのでしょうが、仕事場の人間関係や仕事量や結果にストレスの原因がある場合、日光を浴びたり散歩をするだけでは鬱は治りません。

結局、重度の鬱になれば休むしかないのですから、それまでは上手くいく可能性もあるし何とかやり繰りしながら戦ってみるというのも良いでしょう。

理想と現実があるので、現実な目下の対処方法と言えます。

 

鬱⇒ED、ED⇒鬱

という悪循環を克服するためには鬱かEDのどちらかを少なくとも対策していかなければいけません。基本は鬱治療が優先的ですが、軽度な鬱ならED治療薬で性生活を乗り切っていくのは選択肢としてありです。

乗り切る内に自体が改善されて鬱自体も解消されることも期待できるからです。

 - 性欲がない ,