精力剤・勃起薬(男性用)気になる効果・商品比較など

精力剤・サプリ・ED治療薬を使用した口コミや効果を紹介

*

勃起力の低下を対策する方法6つ!あとはやるだけ

      2017/10/19

勃起力低下の対策方法6つ

勃起力の低下を感じた時、いかに早く対策方法を取り入れて実践していくか?

が重要になってきます。年齢を重ねるにつれて男性ホルモンは落ちていく一方だし、とにかく先手必勝の気持ちが大切です。

 

10代20代30代の比較的若い時期のメンタルを原因とする勃起力低下の場合でもそうだし、40代50代以降の加齢に伴う勃起力低下の場合もそうです。

 

そして出来る対策方法に年代による大きな違いはありません。

 

  • ストレスをためこまないようにする(睡眠時間の確保なども含む)
  • 食事やサプリで勃起のための栄養素を確実に補充する
  • 運動習慣を身につけて血行改善、男性ホルモン分泌を狙う
  • ED治療薬で薬の力で勃起を成功させる
  • チントレやオナニー方法の改善を行う
  • 糖尿病が心配なら泌尿器科にかかる

 

この内の最低1つ、あるいは全部を対策として実践していくしかありません。

一時的なもので放っておけば治ると思うとそのままズルズルと精力が無くなっていきます。

失敗を繰り返す内にパートナーが悲しんだり圧力が強くなったり、自分も自信がなくなってきたり不安になったり悪循環だからです。

消費するのはお金・時間・意志力のいずれかまたは全部です。自分のリソースに合わせて対策方法を選択していきましょう。

 

優先的に対処したいこと

ただしストレスが酷すぎる心因性EDの場合、糖尿病が原因の場合は他の対策方法を実践しても全く効果を感じられないこともあるので、優先的に対策していくようにしてください。

仕事の悩みが頭の中から離れない時などは、比較的頭がすっきりしている朝にED治療薬を使ってセックスに臨むと上手くいく確率を少しですが高めることが出来ると思います。心療内科にかかるのも手ですが、メンタルの薬は性欲が減ることもあるので気を付けたいところです。治療の優先順位をつけなければいけません。

精神安定剤とED治療薬を併用する方法もおすすめです。

こちらの記事も参考にしてください。「鬱とED併発!治療の優先順位を明確にして対処する!

 

知るだけではなく実践しよう

金銭的に余裕があったり勃起しない人生に価値が見いだせない場合には、多少の出費があってもED治療薬とサプリを活用したり、毎日ウナギ・牡蠣・納豆などを食べるようにすると早いです。

 

また、デスクワーク中心で明らかに運動不足の場合には少し汗をかくような運動を毎日習慣にしてください。

ウエイトトレーニングでテストステロンを高めるのも良いかもしれませんが、下半身を使う運動を基本としてください。

スクワット1日30回からでもランニングでも散歩でも良いので、下半身を使って男性ホルモンを分泌して、血行を高めていきましょう。

 

1円もお金をかけたくない人は運動やチントレ・オナ禁やオナニー方法の改善(低刺激化)を頑張りましょう。

すぐに効果が出なくても続ける意志力が必要で、途中で挫折したら振り出しに戻ると思ってください。

男なら本気で取り組まないと勃起力の低下は回復しません。じゃないとオスとして終了しますよマジで。

最後はキツい物の言い方をしてしまいましたが、過去の自分に言っているような事なのでご了承ください。

 - 精力・性欲回復方法 , ,